ぜんのうテクログ

ロボット好き学生が書く様々なこと

HomebrewというMac向けパッケージ管理ソフトがとっても便利

f:id:zennou:20200529162543p:plain
Homebrewのbrewは(ビールなどを)醸造するという意味

こんにちは!

突然ですが、Homebrewってご存知ですか?

 

Mac及びLinuxで利用可能なソフトで、ターミナル(例の黒い画面)で操作するソフトです。

 

ターミナルを使うということで、PC初心者には取っ付きにくそうなイメージがありますが、至って簡単なので非技術者でもバンバン使える便利な代物だと思います。

 

ソフトウェアをダウンロードするのにわざわざホームページを探すのが面倒、といった声に確実にお応えできるのがHomebrewです。

 

今回はHomebrewのインストール方法や基本的な使い方について紹介したいと思います。

 

概要

Homebrewはパッケージ管理ツールというものです。これを利用してインストールしたパッケージ(≒ソフト)の管理を便利にするものと思っておけばいいでしょう。英語で自家醸造というような意味になります。

 

何が便利なのかというと…

 

・パッケージの依存関係を管理できる
・コマンド一行で欲しいものがインストールできる
・アンインストールも簡単

 

などなど、いいことづくめですね。

 

パッケージの依存関係を管理できる、というのは、あるソフトウェアが依存する他のソフトウェアの有無を確認し、必要に応じてそれも同時にインストールしてくれるということです。

 

ザ・便利オブ便利。

インストール

ターミナル を開き、以下のコマンドをコピペしてEnter押すだけです。

 

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

めっちゃ簡単!
(Command line tools for Xcodeのインストールを求められた場合はその指示に従って下さい)

 

途中でパスワードが求められたら入力してまたEnterです。

※パスワードを打ち込んでもターミナル の画面は反応しませんが、それが正常です。

使い方

では早速使ってみましょう。基本的にターミナルにコマンドを打ち込むことで操作します。

パッケージをインストールしたいとき

brew install パッケージ名

例えばグラフ作成ツールのgnuplotを入れたい時はパッケージ名にgnuplotと入れてEnterするだけで、指定された物を探してきてインストール作業を完了してくれます。さらにgnuplotの利用に必要な他のパッケージも探してきてインストールしてくれます。

GUIアプリケーションをインストールしたいとき

brew cask install アプリケーション名

caskを使うことでchromefirefoxのようなブラウザやAtomのようなエディタなどのGUIアプリケーションもHomebrewで管理できます。

パッケージ/アプリケーションを探したいとき

brew search キーワード

さっきcaskの説明でchromeを例に挙げましたが、chromeが正式名称かよくわかりません。そんなときにこのコマンドで正式名称を探します。chromeの正式名称はgoogle-chromeでした。

パッケージ/アプリケーションをアンインストールしたいとき

brew uninstall パッケージ名

便利ですね。はい。brew caskでインストールしたものを削除するときにはcaskをつけてコマンドを実行しないとエラーになるので注意してください。

Homebrewで何を入れていたか忘れたときには

brew list

でインストール済みのパッケージを一覧できます。例によってcaskをつければGUIアプリケーションの一覧ができます。

最後に

Homebrewの基本的な使い方だけを説明しました。これだけ知っていればとりあえずは十分だと思う内容です。

ただ、Homebrewの仕組みをもっと細かく知る必要があるときにはこれだけでは不十分なので、公式サイトを確認しましょう。

ではでは、また別の記事で会いましょう!